北海道システム・サイエンス株式会社
≪受託DNA・RNA合成サービスに関する特殊修飾試薬の変更≫
  <3'TAMRA化>
2種類の遺伝子Aと遺伝子Bを検出するリアルタイムPCR用プローブを変更前の試薬と変更後の試薬にて合成し、cDNAを5段階希釈して、それぞれを測定いたしました。
Ct値はどちらのリアルタイムPCR用プローブを用いても同等の値が得られております。
  <3'アミノ化>
  <5'チオール化>
©2007 All rights reserved by Hokkaido System Science Co.,Ltd.
閉じる