北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
製品・サービス情報
DNA合成 精製サービス 製品規格・納期・収量表
RNA合成 特殊合成 大量合成
光架橋性オリゴ CNVシリーズ 検査用プライマー アンチセンス設計・合成
ご使用にあたって テクニカルINFO
受託DNA合成価格表 受託RNA合成価格表 受託大量合成価格表




北海道システム・サイエンス株式会社は、日華化学株式会社より製造販売委託を受け、
光架橋性オリゴCNVシリーズ製品の製造・販売を行っております。

従来、DNAの増幅・キャプチャーなどは長時間を要する温度操作にて行われていましたが、
北陸先端科学技術大学院大学 藤本教授が発明したCNVシリーズ(CNV-K および CNV-D)
をDNA に組み込むことで、光を用いて自由自在にDNA・RNA を操作することができます。
この度、日華化学株式会社にて工業スケールでの安定供給・品質の確保を実現し、核酸
試薬の供給が可能となりました。

■  光架橋性オリゴ CNV シリーズをお求めになりやすい価格に変更いたしました。
詳しくは、 こちらをご参照ください。



■光架橋性オリゴ CNVシリーズ
製品の特徴
光架橋性オリゴとは?

UV照射 1秒で相補鎖のチミンと結合!
波長を変えることで簡単に乖離可能!

・ 1秒で相補鎖のチミン (シトシンは25 秒) と共有結合
・ 366nm のUV 照射でピリミジン塩基と100%架橋
312nm で可逆的に乖離可能
・ DNA だけでなくRNA に対しても操作可能
・ UV の波長と照射時間により架橋率をコントロール
・ 光架橋のスイッチングのタイミングや場所を限定できる
【 製品仕様 】

対応塩基数 11mer 〜 50mer
合成スケール 0.2μmol、1μmol
精製方法 各種精製可能です
CNV シリーズ挿入 複数個所挿入の場合はご相談ください
各種修飾 5- メチル-dC、2'-Fluoro-RNA 挿入、ウラシル(dU) 挿入、イノシン挿入など可能です。お問い合わせください。



【 用途@ 】 FISH プローブのような遺伝子の検出に
【 遺伝子検出 ( FISH法 ) 】

CNV-K を用いた FISH 法による遺伝子の検出は、高次構造を形成している核酸に対しても
有効です。
一般的なプローブでは高次構造を形成する核酸を検出することは困難です。CNV-K を
含むプローブを用いることで、高次構造に入り込んで光架橋し、通常のプローブでは検出
できない核酸の検出も可能です。

※ 参考論文: Bioorg. Med. Chem. Lett., 2016, 26, 5312-5314


[ 高次構造を持つ核酸のCNV-Kプローブを用いた検出 ]



【 用途A 】 siRNA 等のノックダウン実験に
【 細胞内での遺伝子発現制御 ( アンチセンス法 ) 】

細胞内において、CNV-K を含むプローブを用いたアンチセンス効果により、遺伝子発現を
制御することができます。
光照射により、細胞中に取り込まれたプローブが相補部分と架橋し、その遺伝子の翻訳を
ブロックします。
UV 照射後、GFP-HeLa 細胞内で GFP 発現量が抑制されたことが、共焦点顕微鏡により
確認されています。

参考 : Biomaterials Science, 2014, 2, 9, 1154 -1157


[ アンチセンス法へのCNV-Kの適応 ]


価格・納期
■ 光架橋性オリゴ DNA・RNA 合成サービス (CNVシリーズ挿入価格)
DNAと同じデオキシリボースを基本骨格とする
第一世代光クロスリンカー
※単位:円 (税別)
サービス内容 合成スケール 納期
0.2μmol 1μmol
光架橋性オリゴ CNVシリーズ
[ CNV-K ]
15,000 / 箇所 25,000 /箇所 約10営業日
※ 納期は、修飾内容により変更になります。
D-トレオニノールを基本骨格とすることで性能がアップ
第二世代光クロスリンカー
※単位:円 (税別)
サービス内容 合成スケール 納期
0.2μmol 1μmol
光架橋性オリゴ CNVシリーズ
[ CNV-D ]
20,500 / 箇所 34,500 /箇所 約10営業日
※ 納期は、修飾内容により変更になります。


参考文献
DNA Photo-cross-linking using 3-Cyanovinylcarbazole Modified Oligonucleotide with Threoninol Linker
Takashi Sakamoto; Yuya Tanaka; Kenzo Fujimoto*
Organic Letters, 2015, 17, 4, 936-939

Photo-regulation of constitutive gene expression in living cells by using ultrafast photo-cross-linking oligonucleotides
Takashi Sakamoto; Atsuo Shigeno; Yuichi Ohtaki; Kenzo Fujimoto*
Biomaterials Science, 2014, 2, 9, 1154-1157

The Site-Specific Cytosine to the Uracil Transition Using Reversible DNA Photocrosslinking
Kenzo Fujimoto; Takashi Sakamoto; Kaoru Konishi-Hiratsuka; Yoshinaga Yoshimura
ChemBioChem, 2010, 11, 1661-1664

A new approach for reversible RNA photocrosslinking reaction: application to sequence-specific RNA selection
Yoshinaga Yoshimura; Tomoko Ohtake; Hajime Okada; Kenzo Fujimoto
ChemBioChem, 2009, 10, 1473-1476

Ultrafast Reversible Photocrosslinking Reaction: Toward in Situ DNA Manipulation
Yoshinaga Yoshimura; Kenzo Fujimoto
Org. Lett., 2008, 10(15), 3227-3230

Copyright ©  Hokkaido System Science Co.,Ltd. All rights reserved.